観葉植物に虫がわく原因とは?わかない方法と効果的な駆除方法を解説

Flower-Green
リブちゃん
リブちゃん

・観葉植物を育てたいけど虫が怖い……。

・どうして虫がわくんだろう?

・虫がわかない方法を知りたい!

・虫がわいたらどうしたらいいの?

ノアくん
ノアくん

こんな悩みを解決できる記事を用意したよ!

この記事で紹介する「虫がわかない方法や駆除方法」を実践すれば、虫から観葉植物を守れますよ!なぜなら、実際に私もこの方法で虫の悩みを解決でき、快適に観葉植物のある暮らしを楽しめているからです。

記事前半では、観葉植物にわく虫の種類と原因について、後半では虫がわかない方法とわいた時の駆除方法を解説するので、ぜひ参考にしてくださいね。

※「すぐに虫の対策について知りたい!」という方は、「観葉植物に虫がわかない方法4つ」へどうぞ!

»虫はダメだけど、どうしても部屋に緑が欲しいという方は、フェイクグリーン がおすすめです!

観葉植物にわく虫の種類

観葉植物にわく虫には、さまざまな種類が挙げられます。放置すると観葉植物に被害を与え、枯れる原因につながる種類もいるので注意が必要です。

虫がわかない方法や駆除を適切に行うために、虫の種類を知っておくのも大切になります。まずは、どのような種類の虫が観葉植物にわくのか見ていきましょう!

観葉植物にわく被害を与える虫

葉や茎にわく虫は、養分を吸収するので観葉植物が傷んだり枯れたりする原因になります。

葉や茎にわく主な害虫は、次の通りです。

ハダニ

ハダニはクモの一種で、1mmにもならない小さい虫です。乾燥した葉の裏に現れ、かすり状や白い斑点のような傷を付けます。放置するとハダニが大量にわいて葉全体が白くなり、光合成ができなくなるので枯れてしまいます。

アブラムシ

春先から梅雨頃に新芽や茎にわいてくる「アブラムシ」。樹液を吸って観葉植物を弱らせたり、排泄物からカビ(すす病)が生えたりする原因になります。増殖スピードが速く、アリも誘引します。

カイガラムシ

カイガラムシは、成虫になると硬い貝殻のような殻を持ちます。幹や枝などに張り付き、樹液を吸って観葉植物を弱らせます。他にも、カイガラムシの分泌液や排泄物は、「すす病」や「こうやく病」などのカビを繁殖させる原因です。また、アブラムシやアリを誘引する原因にもなります。

»虫以外の枯れる原因と枯らさないコツについて知りたい方は、下記を参考にどうぞ。

観葉植物に元気がないのはなぜ?枯れる原因と枯らさない7つのコツ
『観葉植物が枯れるのはどうして?』『枯らさないためのコツってあるのかな?』こんな悩みを解決できる記事です。この記事では、観葉植物が枯れる原因と枯らさないための7つのコツについてご紹介するので、ぜひご覧ください!

»葉っぱの状態が悪くなる原因と復活方法について知りたい方は、下記を参考にどうぞ。

観葉植物の葉っぱの様子が何か変!原因と復活方法をわかりやすく解説
『観葉植物の葉の状態が悪いけどなんで?』『復活させる方法が知りたい!』こんな悩みを解決できる記事です。この記事では、観葉植物の葉の状態が悪くなる原因と復活させる方法を症状別にご紹介するので、ぜひご覧ください!

»カビの原因・除去・対策について知りたい方は、下記を参考にどうぞ。

観葉植物に生えたカビの取り方とは?原因・除去・対策をわかりやすく解説
『観葉植物にカビが生えた……』『カビが生えないようにするための対策について知りたい!』こんな悩みを解決できる記事です。この記事では、観葉植物に生えるカビの種類や原因、除去方法、対策についてご紹介するので、ぜひご覧ください!

観葉植物にわく被害を与えない虫

土や鉢の周りに潜む虫は、観葉植物に被害を与えることはありませんが、見た目を悪くし不快感を与えます。

土や鉢の周りに潜む主な虫は、次の通りです。

コバエ

コバエは、湿気のある土や受け皿に卵を産み付けます。卵を産み付ける時期は、湿気の多い季節です。観葉植物に直接被害を与えませんが、食べ物に寄ってくるなど衛生的に問題があるので、わいて欲しくない虫ですね。

トビムシ

トビムシは湿気のある土に潜み、バクテリアなどを食べます。観葉植物に直接被害を与えることはありませんが、名前の通り小さい虫が一斉に飛び回るので不快に感じます。

ゴキブリ

ゴキブリは暗く湿気のある場所を好むので、ベランダなどに鉢を置いていると知らぬ間に鉢裏に潜んでいる場合があります。観葉植物に直接被害を与えることはありませんが、黒いものがいきなり現れると怖いし不快に感じます。観葉植物に限らず、普段から見たくない虫ですね……。

観葉植物に虫がわく原因5つ

ここでは、観葉植物に虫がわく原因について解説します。

原因①:湿度が高い

カイガラムシやトビムシ、コバエなどの多くの虫は、湿度の高い場所を好みます。また、観葉植物が密集している風通しが悪い場所も虫がわく原因の1つです。

原因②:葉が乾燥している

ハダニのように乾燥した場所を好む虫もいます。寒い季節はエアコンやヒーターで部屋が乾燥するので、虫がわきやすくなります。

原因③:土に潜んでいた

日光浴などで屋外に出した際に、虫が土に潜り込んだり卵を産み付けられたりする可能性があります。また、購入後家に持ち帰ってすぐ虫がわく場合もあります。その場合は、持ち帰っている途中で虫が付いたか、店頭に並んでいる時に潜んでいた可能性があるのです。

原因④:受け皿に水が溜まっていた

受け皿に水が溜まっているのを放置すると水垢(みずあか)が発生します。その汚れた水に卵を産み付ける可能性があるのが、コバエやトビムシ、蚊などです。また、ゴキブリが溜まっている水を飲みにくることもあります……。

原因⑤:有機肥料・有機質を含む土の使用

肥料や土に含まれる有機質は、虫が好む成分がたくさん含まれています。有機質を含む土には、「腐葉土」「堆肥」「ピートモス」「黒土」「ココナッツピート」などが挙げられます。

観葉植物に虫がわかない方法4つ

ここでは、観葉植物に虫がわかないための方法について解説します。

対策①:日当たりと風通しのよい場所に置く

観葉植物は、日当たりと風通しのよい場所に置きましょう。なぜなら、多くの虫は日当たりが悪く、湿度の高い場所を好むからです。

葉が茂り枝が混み合っているところは、通気性が悪いので剪定をする必要があります。日当たりと風通しのよい場所を選ぶことで、虫がわくのを防げるでしょう。

対策②:土を交換する

観葉植物の植え替えをする際は、新しい土を使用しましょう。古い土は虫や根、枯れ葉などが混じっている可能性があり、水はけが悪くなっています。

また、養分もなくなっているので、観葉植物が元気に育ちません。土が新しくなることで、土の中に潜んでいる虫や虫の卵を一掃でき、水はけがよくなります。

植え替え後のいらなくなった古い土は、処分またはリサイクルするようにしましょう。

対策③:受け皿に溜まった水は捨てる

上記でもお伝えしましたが、受け皿に溜まった水には虫が寄ってきます。また、虫だけではなく根腐れの原因になる可能性もあります。受け皿に溜まった水は放置せず、必ず捨てるようにしましょう。

対策④:有機肥料・有機質を含む土を使用しない

虫がわくのを防ぐために、土の入れ方や土選びを工夫するとよいでしょう。たとえば、コバエは土の表面(約2〜3cm)に卵を産み付けます。

有機肥料・有機質を含む土を使用している場合は、表面を無機質の土で5cm程度覆ってあげるとコバエがわきにくくなります。また肥料を有機肥料ではなく化学肥料を使うことでコバエはもちろん、他の虫もわくのを防げるでしょう。

虫がわいた時の駆除方法4つ

ここでは、虫がわいた時の駆除方法について解説します。

対処①:水で洗い流す

ハダニやアブラムシなどは、水に弱いので霧吹きやホースで洗い流すとよいでしょう。また、水を張ったバケツなどに鉢ごと漬け、浮いてきた虫の卵や幼虫をすくって処分するという方法もあります。

対処②:取る・払う・切り落とす

枝や葉に付いた虫をティッシュや割りばしなどを使い、観葉植物を傷付けないように注意しながら駆除します。カイガラムシのように固着している虫を取るのは難しいので、歯ブラシなどで擦って取るか、葉や枝ごと切り落としましょう。

対処③:酢・アロマなどを使う

「酢」や「めんつゆ」を使った罠を作ると、コバエの駆除に効果があります。またはめんつゆ」+「」+「食器用洗剤」を混ぜた液を観葉植物の周辺に置くと、コバエが罠にかかりますよ。

ちなみに、駆除方法ではないですが、ハッカ油スプレーなど虫が苦手な香りのアロマを使った虫除けの方法もあります。しかし、アロマを使った方法には科学的根拠がないので、効果がわかりにくい部分もあるでしょう。

対処④:薬剤を使う

市販されている薬剤は、速効性のある駆除方法です。虫の種類をよく確認し、最適の薬剤を選びましょう。薬剤を使う際は、観葉植物が弱ってしまう場合があるので、薬剤の濃度や使用方法をよく確認してから使用してください。

ノアくん
ノアくん

中には、人間にも有害な薬剤があるから手袋やマスクなどでガードしてね!

虫がわく原因とわかない方法を知っておこう!

今回は記事の前半で、観葉植物にわく虫の種類と原因について、後半では虫がわかない方法とわいた時の駆除方法について解説しました。

最後にもう一度この記事のおさらいです。

~虫がわく原因5つ~

  • 原因①:湿度が高い
  • 原因②:葉が乾燥している
  • 原因③:土に潜んでいた
  • 原因④:受け皿に水が溜まっていた
  • 原因⑤:有機肥料・有機質を含む土の使用

~虫がわかない方法4つ~

  • 対策①:日当たりと風通しのよい場所に置く
  • 対策②:土を交換する
  • 対策③:受け皿に溜まった水は捨てる
  • 対策④:有機肥料・有機質を含む土を使用しない

~虫がわいた時の駆除方法4つ~

  • 処①:水で洗い流す
  • 対処②:取る・払う・切り落とす
  • 対処③:酢・アロマなどを使う
  • 対処④:薬剤を使う

観葉植物に100%虫を寄せ付けないのは難しいですが、しっかりと対策をすることで発生率を減らせます。

また、正しい駆除方法を把握しておけば、いざという時に安心ですよ。ぜひこの記事を参考に、観葉植物と過ごす時間を楽しんでくださいね。

»虫はダメだけど、どうしても部屋に緑が欲しいという方は、フェイクグリーン がおすすめです!

コメント

タイトルとURLをコピーしました