観葉植物はどうやって増やす?初心者向けに挿し木のやり方を1から解説

Flower-Green
リブちゃん
リブちゃん
  • 挿し木・挿し芽ってなに?
  • 挿し木・挿し芽のやり方が知りたい!
  • 挿し木・挿し芽ができる観葉植物の種類は?
ノアくん
ノアくん

こんな悩みを解決できる記事を用意したよ!

この記事で紹介する「挿し木・挿し芽のやり方」を実践すれば、初心者でも観葉植物 を増やせますよ!なぜなら、実際に私もこの方法でお気に入りの観葉植物を増やしているからです。

記事前半では挿し木・挿し芽のやり方や注意点について、後半では挿し木・挿し芽に関するよくある質問やおすすめの観葉植物などをご紹介するので、ぜひ参考にしてくださいね!

挿し木・挿し芽ってなに?

挿し木とは、植物の一部を切り取って発根させる方法のことです。植物の株を増やす際によく使われています。

ちなみに挿し木は、植物のタイプによって呼び方が変わります。挿し木と呼ばれるのは樹木の場合です。草花やつる性植物の場合は挿し芽と言います。

他にも葉挿しや水挿し、株分けなど植物を増やす方法はたくさんありますが、今回は挿し木・挿し芽について深掘りしていきます。

挿し木・挿し芽をする前に準備するもの

挿し木・挿し芽をする際に必要な道具は、次の通りです。

~準備するもの~

  • 小さめの鉢 or ポット or トレー
  • 鉢底ネット・鉢底石(鉢を使う場合のみ)
  • スコップ
  • ハサミ
  • 細めの棒(つまようじ or 竹串など) 
  • ジョウロ
  • 水が溜められる容器
  • 土(赤玉土 or 鹿沼土 or 市販の挿し木・挿し芽用の土など)
  • 発根促進剤(はっこんそくしんざい)
    →なくても挿し木・挿し芽は可能ですよ

挿し木・挿し芽をする際に鉢を使用する場合は、小さめのサイズ(5〜6号)を準備しましょう。鉢以外には、トレー ポットなどを使用します。※土がセットになっているトレー ポット などもありますよ。

挿し木・挿し芽の量が少ない場合は鉢でもよいですが、量が多い場合はトレーやポットの方がたくさん挿せるのでおすすめです。

また、挿し木・挿し芽では清潔で水はけがよく、肥料が混ざっていない土を使用します。「土どうしよっかな……」と悩んでいる方は、市販されている挿し木・挿し芽用の土を選ぶと安心ですね。

ルートン』や『メネデール 』などの発根促進剤は、使用することで発根しやすくなります。絶対に必要というわけではありませんが、挿し木・挿し芽の成功率が上がるので、特に初心者の方におすすめです。

挿し木・挿し芽のやり方

挿し木・挿し芽のやり方は以下の通りです。

~挿し木・挿し芽のやり方~

  1. 挿し木・挿し芽に使う枝・茎を切り取る
  2. 切り取った枝・茎を整理して「挿し穂」にする
  3. 挿し穂を水につける
  4. 挿し床を作る
  5. 挿し床に挿し穂を挿す
  6. たっぷりと水を与える
  7. 根が出たら鉢上げをしよう

ここでは、やり方について詳しく解説していきます。

1. 挿し木・挿し芽に使う枝・茎を切り取る

今年芽吹いた若くて元気のよい枝・茎を2~4節分くらいカットします。目安は樹木の場合、10〜15cm程度。草花の場合は、5〜10cm程度です。混み合っている部分を剪定した枝・茎も使えます。

節目の上の部分を5〜10mm程度を残して切ると、残った部分が比較的きれいに見えますよ。

2. 切り取った枝・茎を整理して「挿し穂」にする

1.で切り取った枝・茎を整理して挿し穂を作りましょう。先端の葉を1〜3枚残して下の葉は取り除きます。残した葉が大きい場合は、葉を半分に切ることで水分が過度に蒸発するのを防げます。

下の挿す部分は、水を吸う面積を大きくするために斜めにカットしましょう。太めの枝・茎は、V字にカットするのがおすすめです。

ノアくん
ノアくん

ちなみに、挿し木・挿し芽に使用する枝・茎のことを「挿し穂」と呼びます。

3. 挿し穂を水につける

2.で作った挿し穂を水につけます。水につけておく目安は、1〜2時間程度です。挿し穂をつける水に、メネデール を入れると、発根の成功率が上がります。

ノアくん
ノアくん

メネデールは、100倍に薄めて使いましょう。

4. 挿し床を作る

挿し穂を水につけている間に挿し床を作りましょう。※挿し床とは、挿し穂を挿す土のことです。

鉢を使う場合は、鉢底に鉢底ネットと鉢底石を敷いて土を入れます。ポットやトレーの場合は、何も敷かずに土を入れてください。

初心者の方は挿し木・挿し芽用の土を使うと安心です。挿し木・挿し芽用の土がない場合は、赤玉土(小粒)鹿沼土(細粒)などを使いましょう。

ちなみに、挿し穂を挿す前に水をまいて挿し床をしっかり湿らせておくことが重要です。あとで水を与えた際に、土が浮いて挿し穂が倒れるのを防げるし、成功率も上がりますよ!

5. 挿し穂を挿す

挿し床に細めの棒で穴を開け、挿し穂を挿していきます。挿し穂の切断面がちゃんと土に付いていないと、水を吸えず枯れてしまうのでしっかり土に当たるまで挿しましょう。

※挿し床に挿す前に、挿し穂の切断面に発根促進剤(ルートン)を薄く付けておくと、発根の成功率が上がります。

6. たっぷりと水を与える

挿し穂を土に挿したらたっぷりと水を与えましょう。水を与えることで、挿し穂の周りの土が引き締まり密着します。また、土の中の余分な粉を鉢底から流し出せるので、土が固まり水はけが悪くなるのを防げるのです。

その後は、風通しがよく直射日光の当たらない明るい日陰に置き、発根するのを待ちます。土が乾燥しないように、注意しながら水やりをしましょう。

7. 根が出たら鉢上げをしよう

挿し穂の根がしっかりしたら、一つひとつ傷が付かないように丁寧に取り出して鉢上げしましょう。ちなみに、発根した挿し穂を鉢に植え替えることを『鉢上げ』と言います。

鉢上げをする際に必要な道具は、次の通りです。

~鉢上げに必要な道具~

  • 鉢(挿し穂の大きさにあうサイズを用意する)
  • 軍手 or ゴム手袋
  • 鉢底ネット
  • 軽石 or 鉢底石
  • 新しい観葉植物用の土(培養土)
  • 割りばし

鉢上げのやり方は、まず挿し穂の根の周りに付いている余分な土を落とします。次に、植え替える鉢に鉢底ネット・鉢底石を敷いて培養土を適量入れ、挿し穂を移します。

鉢の縁から2〜3cmのところまで土を入れて、割りばしで挿して土の隙間をなくします。割りばしで挿す時に、根を傷付けないように注意しましょう。最後に、水をたっぷり与えれば鉢上げ完了です!

挿し木・挿し芽をする際の注意点

挿し木・挿し芽をする際は、行う時期や使用する土に注意する必要があります。なぜなら、発根を成功させるための重要なポイントだからです。

挿し木・挿し芽は、適切な時期に行わないと発根の成功率は下がります。また、土にも気を使わないとカビが生えてしまったり、根が出にくくなったりするのです。

ここでは、挿し木・挿し芽をする際の注意点について見ていきましょう。

挿し木・挿し芽をする時期

挿し木・挿し芽は、最適な時期に行いましょう。理由は、植物の活動が活発な時期の方が根が出やすく、切った枝や茎などの回復が早いからです。

種類によって異なりますが、多くの観葉植物 が発根しやすい土の温度は約20〜25℃で、4〜9月の間がよいとされています。

また、挿し木・挿し芽をしてから発根するまでの期間は、湿度が高い方が挿し穂の乾燥を防げるので枯れにくくなります。特に梅雨時期がベスト!温度・湿度と共に最適なのでおすすめです。

挿し木・挿し芽をする際は、観葉植物にとって最適な時期を確認してからチャレンジしましょう。

挿し木・挿し芽に適切な土を選ぶ

上記で簡単にお伝えしましたが、挿し木・挿し芽で使う土は、新しい挿し木・挿し芽用の土や赤玉土、鹿沼土などを用意します。

なぜなら、土に肥料や雑菌が混ざっていたり水はけが悪かったりすると、発根しにくく失敗してしまうからです。挿し穂の切り口は菌が入りやすく、水はけの悪い土はすぐにカビが生えてきます。

そのため、挿し木・挿し芽をする際に使用する土は、清潔で水はけがよく、肥料が混ざっていない新しい土にする必要があるのです。

【Q&A】挿し木・挿し芽に関するよくある質問3つ

以下では、挿し木・挿し芽に関する質問にお答えしていきますね。今回は、挿し木・挿し芽をしたあとの疑問点についての質問をピックアップしましたので、ぜひ参考にしてください。

質問1:挿し木・挿し芽をしたあとの管理はどうしたらいいの?

オリーブくん
オリーブくん

挿し木・挿し芽をしたあとは、どうしたらいいですか?

ノアくん
ノアくん

風通しがよく直射日光の当たらない明るい日陰に置き、土が乾燥しないように管理しましょう。

暗過ぎる日陰や日差しが強過ぎる場所は、失敗しやすいのであまりよくありません。強い風が当たる場所も葉が傷んだり、乾燥したりする場合があります。

日当たりと風通しが強過ぎず弱過ぎない、ちょうどよい場所に置いてあげましょう。水やりは、勢いよく与えると挿し穂が倒れる恐れがあるので、優しく与えるのがポイントです。

また、挿し木・挿し芽は根がない状態で土に挿しているので、乾かし過ぎると早い段階で枯れてしまう可能性があります。ある程度、土を湿らせた状態で管理するのがベストです!土の乾き具合を確認して水を与えてくださいね。

室外で管理している場合は、雨の勢いで挿し穂が倒れることがあるので、雨が当たらないように注意しましょう。

質問2:発根するまで日数はどのくらいかかる?

オリちゃん
オリちゃん

挿し木・挿し芽をしてから、根が出てくるまでどのくらい待ったらいいですか?

ノアくん
ノアくん

少なくとも1カ月は待ちましょう

挿し木・挿し芽をした種類や時期、発根促進剤の使用の有無などによって異なりますが、早くて2週間で発根するものもあります。

「え、少なくとも1カ月は待ちましょうって言ったじゃん……」と思った方もいるでしょう。発根してしっかりした根になるまで最低3週間から1カ月かかるので、それまで辛抱する必要があります。

また、発根するのが遅い場合は、半年ぐらいかかることも。

繰り返しになりますが、観葉植物 の種類によって発根するまでの日数は異なるので、待ち遠しい気持ちはわかりますが、少し待ってあげましょう。

挿し木・挿し芽をした日付を書いておけば、何日経ったか確認しやすいですよ!

質問3:発根はどうやって確認したらいいの?

リブちゃん
リブちゃん

根が出ているかどうか確認をする方法はありますか?

ノアくん
ノアくん

確認をする方法はもちろんありますよ。

挿し穂から新芽がニョキニョキ出てきたら、根が出てきたサインです。挿し穂を軽く引っ張ってみて、抵抗があれば発根している可能性が高いでしょう。

挿し木・挿し芽ができる観葉植物

ここでは、挿し木・挿し芽ができる観葉植物 をご紹介します。

以下に記載している観葉植物は、挿し木・挿し芽ができる種類のほんの一部です。たくさんあり過ぎてご紹介しきれないので、おすすめの種類を簡単に載せています。

アイビー

星形やハート形の葉をたくさん付けるキュートな『アイビー (ヘデラ)』。葉の色は、濃い緑や鮮やかな緑、白斑入りなどがあります。アイビー は挿し芽で増やせます。挿し芽をする時期は、4〜7月頃または9月頃です。

» ブルーミングスケープ で観葉植物を見る

オリーブ

シンボルツリーや観賞用として人気が高い『オリーブ 』。細長い緑色をした葉のコントラストや、美しい樹形が魅力です。

オリーブ は挿し木で増やせます。挿し木をする時期は、暖かい地域で3〜4月頃、寒い地域では4〜5月頃が適しています。また、6〜7月頃も挿し木が可能です。

» AND PLANTS(公式)で観葉植物を見る

» Hana Prime(公式)で観葉植物を見る

ガジュマル

個性的な樹形がなんとも魅力的で、生命力がかなり強い『ガジュマル 』。樹形にばかり注目してしまいますが、鮮やかな緑色をした葉もすてきですよ!ガジュマル は挿し木で増やせます。時期は、5〜7月頃に行うとよいでしょう。

» AND PLANTS(公式)で観葉植物を見る

» Hana Prime(公式)で観葉植物を見る

カポック

丸みのあるかわいらしい葉が手のひらのように見える『カポック (シェフレラ)』。耐寒性や耐陰性があるので、初めての方でも育てやすいのがうれしいポイントです!

カポック は挿し木で増やせます。挿し木をする時期は、5〜8月頃がおすすめです。

» Hana Prime(公式)で観葉植物を見る

ゴムの木

光沢のある肉厚の大きな葉が特徴の『ゴムの木 』。濃い緑色をした重厚感のある品種や斑入りがあります。斑入りのゴムの木などは日当たりがよいと赤く色づくのも魅力の1つです。

ゴムの木 は挿し木で増やせます。時期は、5〜7月頃に行うとよいでしょう。

» ブルーミングスケープ で観葉植物を見る

シマトネリコ

ライトグリーン色の小さな葉が美しい『シマトネリコ 』。涼しげな印象で生長が早く、シンボルツリーとしても人気があります。シマトネリコ は挿し木で増やせます。挿し木をする時期は、5〜7月頃がおすすめです。

» AND PLANTS(公式)で観葉植物を見る

» Hana Prime(公式)で観葉植物を見る

パキラ

光沢のある鮮やかな葉と樹形が美しい『パキラ 』。丈夫で育てやすく、シンボルツリーとしても人気のある観葉植物です。パキラ は挿し木で増やせます。挿し木をする時期は、5〜7月頃です。

» AND PLANTS(公式)で観葉植物を見る

» Hana Prime(公式)で観葉植物を見る

フィカス・ウンベラータ

ハート形の大きな葉と白色の幹が特徴の『フィカス・ウンベラータ 』。インテリアとして部屋に飾るだけで、空間を明るくしてくれます。

フィカス・ウンベラータ は挿し木で増やせます。挿し木をする時期は、5〜7月頃がよいでしょう。

» AND PLANTS(公式)で観葉植物を見る

» Hana Prime(公式)で観葉植物を見る

ポトス

棚やラックから垂らして飾ったり、天井や突っ張り棒に吊るしたりなどインテリアとしても楽しめる『ポトス 』。鮮やかなライムグリーン色の品種や斑入りの品種などがあります。

ポトス は挿し芽で増やせます。挿し芽をする時期は、5〜8月頃がおすすめです。

» Hana Prime(公式)で観葉植物を見る

» ブルーミングスケープ で観葉植物を見る

モンステラ・アダンソニー

モンステラ・アダンソニー 』は、つる性の観葉植物です。切れ込みや穴のあいた葉が個性的で、インパクトがあります。ボタニカル柄のモチーフとなる植物の1つです。

モンステラ・アダンソニー は挿し木で増やせます。挿し木をする時期は、4〜7月頃または9月頃です。

» AND PLANTS(公式)で観葉植物を見る

» Hana Prime(公式)で観葉植物を見る

ユーカリ

シルバーグリーン色の葉が特徴的な『ユーカリ・ポポラス 』。見た目のかわいらしさや、香りがよいところもおすすめのポイントです!ユーカリ・ポポラス は挿し木で増やせます。挿し木をする時期は、6〜7月頃がよいでしょう。

» AND PLANTS(公式)で観葉植物を見る

挿し木・挿し芽で観葉植物を増やそう

今回は、挿し木・挿し芽のやり方や注意点について解説しました。また、挿し木・挿し芽に関するよくある質問や、おすすめの観葉植物もあわせてご紹介しました。

最後に、もう一度挿し木・挿し芽のやり方と注意点を確認しましょう!

~挿し木・挿し芽のやり方~

  1. 挿し木・挿し芽に使う枝・茎を切り取る
  2. 切り取った枝・茎を整理して「挿し穂」にする
  3. 挿し穂を水につける
  4. 挿し床を作る
  5. 挿し床に挿し穂を挿す
  6. たっぷりと水を与える
  7. 根が出たら鉢上げをしよう

~挿し木・挿し芽をする際の注意点~

  • 挿し木・挿し芽をする時期
  • 挿し木・挿し芽に適切な土を選ぶ

挿し木・挿し芽は、やり方やポイントがわかれば誰でも簡単にできます。初めはうまくいかないこともあるかもしれませんが、何度もチャレンジしてお気に入りの植物を増やしてくださいね!

»初心者でも育てやすい観葉植物をまとめてみたので、下記を参考にどうぞ!

室内でも育てやすい初心者向けの観葉植物31選!選び方や育て方も解説
『観葉植物を飾りたいけれど、どの種類を選べばいい?』『初心者でも育てやすい観葉植物の種類が知りたい!』こんな悩みを解決できる記事です。この記事では、初心者におすすめの観葉植物31選や育て方、選び方についてご紹介するので、ぜひご覧ください!

»インテリアに合わせて観葉植物の飾り方を知りたい方は、下記を参考にどうぞ。

観葉植物をおしゃれに吊るす方法と飾り方のコツ3つをわかりやすく解説
『観葉植物ってどこにどうやって吊るす?』『おしゃれに吊るす方法やコツを教えて!』こんな悩みを解決できる記事です。この記事では、おしゃれに吊るす方法やコツ、注意点、おすすめの観葉植物とフェイクグリーンについてご紹介するので、ぜひご覧ください!
アーバンジャングル?観葉植物だらけの部屋をおしゃれに飾る6つのコツ
『アーバンジャングルってなに?』『たくさんの観葉植物をおしゃれに飾る方法を知りたい!』こんな悩みを解決できる記事です。アーバンジャングルの特徴や飾り方のコツを紹介するので、ぜひご覧になってください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました