生け花にNGのお花ってあるの?特別な席で生け花の花材を選ぶ際に気を付けたいポイントを解説

・生け花で使ってはいけないお花ってあるのかな?

・お客様を招く際に、どんなお花を生けたらいいの?

生け花は敷居が高く、難しそうと思われている方は多いのではないでしょうか?

また、生け花は「伝統文化だから何か決まりごとが多そう……」というイメージを持たれる方も少なくないでしょう。

私は、生け花を始めて16年が経ちます。

生け花を始める前は「生け花に惹かれ興味はあるけど、伝統的な文化で堅苦しい世界なんじゃないかな」と不安に思うことも……。

しかし、いざ始めてみると誰にでもすてきなお花を生けることができ、気軽に楽しめるので「生け花は身近なものなんだ」と知りました。

そして、お花を生けることを通して「花本来の美しさや強さ」を知り、お花が人に癒しや元気など、たくさんの力を与えてくれる存在だと気付かされたのです。

そこで今回は、お祝いの席や人を招く際に「どんなお花を生けたらよいか」ついて解説します。また、「どんなお花を避けた方がよいか」も併せてご紹介します。

ぜひ参考にしてくださいね!

※本記事で記載する内容は、流派などによって異なる場合もありますので、ご了承くださいませ。

 

生け花を始めてお花のある暮らしをしませんか?
興味がある方は【ERIKAいけばな教室】をご覧ください!

生け花で花材を選ぶ際に注意するポイント

生け花は、表現しようとする目的や意図に沿ってお花を生けます。

その目的の中で、特に喜ばしシーンや大切な人を招くシーンでお花を生ける際に、その場にふさわしい花材や、反対に控えた方がよい花材があります。

それでは、祝儀の席や人を招く際に「どんな花材を選び、どんな花材を控えた方がよいのか」シーン別に見ていきましょう。

 

祝儀の席のお花

祝儀の席とは、婚礼や出産、卒業など人生の新しい門出を祝う席のことです。

おめでたい席での生け花は、これからの華々しい未来を祈願して「幸せになって欲しい」という気持ちを込めて生けます。

その席に同席する人たちがよりよい時間を過ごすために、花材選びも気を付けなければいけません。

ここでは、祝儀の席におすすめの花材とNGの花材をご紹介します。

 

祝儀の席でおすすめの花材

祝儀の席は、お祝いする人に対してこれからの人生の成功と幸せを願って設けられます。

その席にふさわしいとされているのは、常緑の葉物や格式の高いとされるお花、旬のお花など、同席する人たちに喜ばれる花材です。

また、お祝いする人が好むお花を生けるのもよいでしょう。

 

祝儀の席でよく使われる代表的な花材は、次の通りです。

・マツ

・オモト

・ウメ

・サクラ

・ハナショウブ

・カキツバタ

・キク

・スイセン 

・ラン

・ナツハゼ など

祝儀の席でNGの花材

祝儀の席は、これからの未来の成功や幸せを願う場なので、当然枯れているお花や傷んだお花は選びません。

また、ネガティブなイメージを連想させる花材も避けられます。

控えた方がよいとされている花材は次の通りです。

・実物(みもの)

実物は、物事の「結果」としての意味を持ちます。

また実は、いずれ落ちることから死をイメージすることもあります。

そのような理由から、これからの未来をお祝いする席では、控えた方がよいでしょう。

例外として、「千両」は縁起のよいものとしてお正月などで生けられており、祝儀の席でも使用されます。

 

・葉物だけの生け花

華々しい席なので、基本的に葉物だけの生け花はあまり好まれません。

 

・旬が過ぎた花材

旬が過ぎたお花は、基本的に1番美しく咲く期間が終わっており、時期外れのお花は印象がよくないので、お祝いの席ではあまり好まれません。

※生け花では、旬が過ぎたお花を「死んだお花」と表現することもあります。

 

人を招く際のお花

ご友人や大切な方などお客様を招く際には、お花を生けて歓迎の気持ちを表現したいですよね。

お花を飾ると、その空間が華やかになります。

また、お花をきっかけにして会話が始まるケースもあります。

お花を飾り、大切な人との時間をより有意義な時間を過ごしたいものです。

ここでは、人を招く際におすすめの花材とNGの花材をご紹介します。

 

人を招く際におすすめの花材

お客様を招く際は、歓迎の気持ちを込めて花材選びをしましょう。

例えば、その季節の旬の花材や珍しい品種のお花なども喜ばれます。

また、お招きする人が好むお花を生けるのもおすすめです。

 

人を招く際にNGの花材

せっかくお客様を招くので、その空間が居心地の悪くなるような花材は避けましょう。

また、悪いイメージを連想してしまう花材もおすすめしません。

控えた方がよいとされている主な花材の種類は、次の通りです。

・香りの悪い花材

ドクダミなど香りの悪い花材は避けられる傾向があります。

 

・香りが強い花材

ジンチョウゲやキンモクセイ、ユリなど香りが強いお花は、密な空間では香りに酔ってしまう人もいるので、室内では避けられる傾向があります。

お庭のように解放された空間では、香りもこもらないのでちょうどよく感じるでしょう。

 

・毒のある花材

トリカブトなどのお花は、毒があるので人を招く際に生ける花材として避けられています。

 

・名前の悪い花材

ヘクソカズラやサルスベリなど、あまりよい意味ではない印象の名前のお花は避けられる傾向があります。

 

まとめ

今回は、お祝いの席や人を招く際に「どんなお花を生けたらよいか」や「生けない方がよいとされているお花」についてご紹介しました。

この記事でご紹介した内容は、一般的によいとされている花材や、あまりふさわしくないとされている花材を記載しています。

お祝いしたい相手を思い、その相手が好きなお花であったり喜ばれそうであれば、控えた方がよいとされる花材でも自由に取り入れて問題ないでしょう。

生け花で「絶対に生けてはダメ!」というものはなく、大切なのは相手を想う気持ちです。

相手の好みがわからない際やどんな花材がよいか迷われた際は、ぜひこの記事を参考にしてみてくださいね。

 

【ERIKAいけばな教室】では、はじめての方でも気軽に生け花を楽しみながら、お花をすてきに生ける“コツ”をお教えします。

また、生け花のお稽古を始めやすいように、花器と剣山と花ばさみのセットをお付けするプランもご用意しております。

生け花を通して、お花の持つ魅力を知り、お花と触れ合うひとときを楽しみましょう。

はじめての方や経験者の方も大歓迎です。「お花が大好き」「お花に興味がある」という方は、ぜひご連絡ください。

心よりお待ちしております

オンライン教室のお申し込みはこちら!

【ERIKAいけばな教室】

makana mai sophの最新情報をチェック!