記念日にすてきなお花を贈りたい!おすすめのお花や花言葉、贈る際の注意点と相場を解説

  • 結婚記念日ってどんなお花を贈ればいいの?
  • 母の日にお花を贈って感謝の気持ちをを伝えたい!
  • 父の日はどんなお花を贈ったら喜ぶ?

記念日にお花を贈りたいと考えていませんか?

しかし、「どんなお花を贈れば喜んでもらえるかわからない……」と悩んでいる方は少なくないでしょう。

私は、生け花を始めて17年が経ちます。

お花を生けることを通して「花本来の美しさや強さ」を感じ、人に癒しや元気などたくさんの力を与えてくれる存在だと気付かされました。

お花屋さんに勤めていたこともあり、お祝いごとや記念日用の花束・フラワーアレンジメントなどをお作りした経験があります。

そこでこの記事では、それぞれの記念日におすすめのお花や花言葉、贈る際の注意点と相場をご紹介します。

この記事を参考に、思い出に残るお花を贈り大切な人に喜んでもらいましょう!

 

記念日にお花を贈る際のマナーや注意点

お花を贈る際は、贈るシーンや相手のライフスタイルなどをしっかり考えてから、お花のスタイルを選ぶのがおすすめです。

メッセージカードを添えるとより気持ちが伝わりやすくなります。

お花と一緒に他のプレゼントを贈る際は、一般的なお花の相場よりも少し値段を落として大丈夫です。

渡すタイミングは、基本的に当日で直接渡すのが難しい場合は、事前に確認を取ってから贈るようにしましょう。

ネガティブな花言葉の意味を持つお花や、お供え・お悔やみごとを連想させるお花を贈るのはあまりよいとされていません。

しかし、お供え・お悔やみごとでよく使われる白色や寒色系の色を主体としたお花でも、ラッピングや生け方次第で華やかに見せられます。

贈る相手との関係性やどのくらい親しいかによって異なりますが、一概にお祝いごとのお花に向いていないとはいいにくいです。

飲食店や病院などにお花を贈る場合、においが強いお花や花粉・花びらが散りやすいお花は、周りの迷惑になる恐れがあるので注意しましょう。

以上のマナーや注意点に気を付け、相手を不快な気持ちにさせないように、最低限の配慮を忘れないことが大切です。

 


✽*お花を贈る際のスタイルについてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

✽*お花を贈る際の注意点についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。


 

記念日におすすめのお花と花言葉

記念日は、大切な人との特別な日です。

そんな特別な日は、大切な人と一緒にお祝いしたいですよね。

お花のプレゼントは記念日にぴったりです。

お花があるだけでその場が華やかになり、笑顔があふれ幸せな気持ちで心を満たしてくれます。

ここでは、それぞれの記念日におすすめのお花と花言葉をご紹介します。

 

結婚記念日

結婚記念日にお花を贈る際の一般的な相場

  • 結婚記念日:5,000~15,000円程度
  • 銀婚式:10,000~20,000円程度
  • 金婚式:20,000~30,000円程度

 

結婚記念日におすすめのスタイル

  • お花のスタイル:花束・アレンジメント など
  • 銀婚式・金婚式:記念樹として観葉植物・胡蝶蘭・果樹 など

 

結婚記念日におすすめのお花と花言葉の代表例は、次の通りです。

  • 赤いバラ:「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「美貌」
  • オレンジのバラ:「絆」「信頼」
  • ガーベラ:「希望」
  • カーネーション:「感謝」
  • チューリップ:「思いやり」
  • ひまわり:「憧れ」「あなただけを見つめている」
  • 白いシャクヤク:「幸せな結婚」
  • ストック:「愛の絆」「豊かな愛」
  • トルコキキョウ:「優美」「希望」
  • ブルースター:「幸福な愛」「信じあう心」 など

 


✽*デザイン性の高い「花束」や「ブーケ」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*結婚記念日におすすめの「プリザーブドフラワー」こちらをご覧ください。

✽*ハイセンスな「プリザーブドフラワー」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*インテリアとして人気の「観葉植物」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*さまざまなシーンで喜ばれる高品質な「胡蝶蘭」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*高品質な「ミディ胡蝶蘭」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*「あこや真珠」と「パワーストーン」を使ったワンランク上のアクセサリーこちらをご覧ください。

✽*男性におすすめの「パワーストーン」を使ったブレスレットこちらをご覧ください。

✽*お花と一緒に贈る「ネックレス」や「ピアス」をお探しの方はこちらをご覧ください。


 

愛妻の日(1月31日)

愛妻の日とは、1月31日(1=あい・31=さい)という語呂合わせで制定された記念日のことです。

日本愛妻家協会が、「妻というもっとも身近な赤の他人を大切にする人が増えると、世界はもう少し豊かで平和になるかもしれないね」という理念のもと、1月31日を「愛妻の日」と制定しました。

当日の20時ちょうどにお花を贈る「男の帰宅大作戦」というイベントを展開しています。

20時に一斉に贈ることで「日本全体がほんのりいい感じ」になることを期待しているようです。

とてもすてきな計画ですよね!

 

愛妻の日に贈るお花の一般的な相場とおすすめのスタイル

  • お花の相場:3,000~10,000円程度
  • お花のスタイル:花束・アレンジメント・鉢植え など

 

愛妻の日におすすめのお花と花言葉の代表例は、次の通りです。

  • 赤いバラ:「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「美貌」
  • ピンクのガーベラ:「感謝」
  • 黄色のガーベラ :「究極の愛」
  • 紫のチューリップ:「不滅の愛」
  • ピンクのチューリップ:「誠実の愛」
  • スイートピー:「優しい思い出」「門出」
  • ラナンキュラス:「とても魅力的」「華やかな魅力」
  • キキョウ:「変わらぬ愛」「誠実」
  • カスミソウ:「変わらぬ愛」
  • ピンクの胡蝶蘭:「あなたを愛しています」
  • ブルースター:「幸福な愛」「信じあう心」 など

 


✽*デザイン性の高い「花束」や「ブーケ」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*結婚記念日におすすめの「プリザーブドフラワー」こちらをご覧ください。

✽*ハイセンスな「プリザーブドフラワー」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*インテリアとして人気の「観葉植物」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*さまざまなシーンで喜ばれる高品質な「胡蝶蘭」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*高品質な「ミディ胡蝶蘭」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*「あこや真珠」と「パワーストーン」を使ったワンランク上のアクセサリーこちらをご覧ください。

✽*お花と一緒に贈る「ネックレス」や「ピアス」をお探しの方はこちらをご覧ください。


 

バレンタイン・フラワーバレンタイン(2月14日)

日本では、バレンタインに女性が男性にチョコレートを贈るのが一般的です。

世界的には、大切な人同士でお花を贈り、愛や感謝を伝える日とされてます。

 

バレンタインに贈るお花の一般的な相場とおすすめのスタイル

  • お花の相場:3,000~5,000円程度
  • お花のスタイル:花束・ブーケ・アレンジメント など

 

バレンタインにおすすめのお花と花言葉の代表例は、次の通りです。

  • 赤いバラ:「あなたを愛してます」「愛情」「美」「熱烈な恋」
  • ピンクのバラ:「恋の誓い」
  • 黄色のバラ:「愛の告白」
  • 赤いチューリップ:「愛の告白」「私を信じて」
  • ピンクのチューリップ:「誠実な愛」「幸福」
  • ラナンキュラス:「とても魅力的」「華やかな魅力」
  • スターチス:「変わらない心」
  • ヒヤシンス:「変わらない愛」
  • ピンクのナデシコ:「純粋な愛」
  • ストック:「求愛」「愛情の絆」 など

 


✽*デザイン性の高い「花束」や「ブーケ」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*華やかな「アレンジメント」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*ハイセンスな「プリザーブドフラワー」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*高品質な「ミディ胡蝶蘭」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*男性におすすめの「パワーストーン」を使ったブレスレットこちらをご覧ください。

✽*「パワーストーン」や「誕生石」のアクセサリーをお探しの方はこちらをご覧ください。


 

母の日

母の日は、「毎年5月の第2日曜日」です。

毎年、日付が変わるので見落とさないように注意しましょう。

普段はなかなか言えない「感謝の気持ち」や「お疲れ様の気持ち」をこの機会に伝えましょう。

 

母の日に贈るお花の一般的な相場とおすすめのスタイル

  • お花の相場:3,000~10,000円程度
  • お花のスタイル:花束・アレンジメント・胡蝶蘭・鉢植え・ハーバリウム など

 

母の日におすすめのお花と花言葉の代表例は、次の通りです。

  • 赤いカーネーション:「母への愛」「感動」
  • ピンクのカーネーション:「感謝」「暖かい心」
  • アジサイ:「元気な女性」
  • ダリア:「感謝」
  • ピンクのバラ:「感謝」
  • チューリップ:「思いやり」
  • カスミソウ:「感謝」「幸福」
  • トルコキキョウ:「あなたを思う」「思いやり」
  • カンパニュラ:「感謝」「誠実」
  • ホワイトレースフラワー:「感謝」
  • スイートピー:「優しい思い出」
  • ピンクのガーベラ:「感謝」「崇高美」
  • 胡蝶蘭:「幸福が飛んでくる」 など

 


✽*デザイン性の高い「花束」や「ブーケ」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*ハイセンスな「プリザーブドフラワー」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*【生花×プリザーブドフラワー】の2度楽しめる「新しいブーケ」こちらをご覧ください。

✽*インテリアとして人気の「観葉植物」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*華やかな「アレンジメント」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*高品質な「ミディ胡蝶蘭」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*「あこや真珠」と「パワーストーン」を使ったワンランク上のアクセサリーこちらをご覧ください。

✽*お花と一緒に贈る「ネックレス」や「ピアス」をお探しの方はこちらをご覧ください。


 

父の日

父の日は、「毎年6月第3日曜日」です。

毎年、日付が変わるので見落とさないように注意しましょう。

普段はなかなか言えない「感謝の気持ち」や「お疲れ様の気持ち」をこの機会に伝えましょう。

日本では、父の日に黄色いお花を贈る習慣があります。

これは、日本ファーザーズ・デイ委員会が開催した「父の日黄色いリボンキャンペーン」がきっかけです。

「黄色いリボンに愛する人の無事を願う」という意味を込めて、贈るのを勧めた(すすめた)のが由来となっています。

 

父の日に贈るお花の一般的な相場とおすすめのスタイル

  • お花の相場:3,000~8,000円程度
  • お花のスタイル:花束・アレンジメント など

 

父の日におすすめのお花と花言葉の代表例は、次の通りです。

  • 黄色のバラ:「美」「友情」「献身」「可憐」

黄色が幸せなどの象徴であるためイメージカラーとして贈られることが多い

  • ヒマワリ:「憧れ」「敬慕」
  • スカシユリ:「親想い」「子としての愛」
  • 黄色のガーベラ:「親しみやすさ」
  • 白いガーベラ:「希望」「律儀」
  • 胡蝶蘭:「幸福が飛んでくる」
  • 黄色のバラ:「友情」「献身」「あなたを愛しています」
  • 白いバラ:「尊敬」
  • 黄色のシンビジウム:「誠実な愛情」「飾らない心」
  • マーガレット:「信頼」
  • サルビア:「良い家庭」「家族愛」
  • グズマニア:「いつまでも健康で幸せ」「あなたは完璧」 など

 


✽*デザイン性の高い「花束」や「ブーケ」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*華やかな「アレンジメント」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*ハイセンスな「プリザーブドフラワー」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*【生花×プリザーブドフラワー】の2度楽しめる「新しいブーケ」こちらをご覧ください。

✽*インテリアとして人気の「観葉植物」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*高品質な「ミディ胡蝶蘭」をお探しの方はこちらをご覧ください。


 

敬老の日

敬老の日は、「毎年9月の第3月曜日」です。

2002年(平成14年)までは「毎年9月15日」が敬老の日でしたが、2003年(平成15年)から「毎年9月の第3月曜日」に変更されました。

毎年、日付が変わるので見落とさないように注意しましょう。

 

敬老の日に贈るお花の一般的な相場とおすすめのスタイル

  • お花の相場:3,000~10,000円程度
  • お花のスタイル:花束・アレンジメント・胡蝶蘭・鉢植え など

 

敬老の日におすすめのお花と花言葉の代表例は、次の通りです。

  • リンドウ:「正義、勝利」
  • ピンクのカーネーション:「感謝の心」「あたたかい心」
  • カスミソウ:「感謝」「幸福」「無垢の愛」
  • ユリ:「威厳」「純潔」「無垢」
  • 胡蝶蘭:「幸福が飛んでくる」
  • ワレモコウ:「感謝」
  • サンダーソニア:「福音」「祝福」
  • 白いバラ:「尊敬」
  • 青色のリウココリネ:「あたたかい心」
  • シンビジウム:「誠実な愛情」「飾らない心」
  • ソリダスター:「豊富な知識」 など

 


✽*デザイン性の高い「花束」や「ブーケ」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*華やかな「アレンジメント」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*ハイセンスな「プリザーブドフラワー」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*【生花×プリザーブドフラワー】の2度楽しめる「新しいブーケ」こちらをご覧ください。

✽*インテリアとして人気の「観葉植物」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*高品質な「ミディ胡蝶蘭」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*さまざまなシーンで喜ばれる高品質な「胡蝶蘭」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*「パワーストーン」や「誕生石」のアクセサリーをお探しの方はこちらをご覧ください。


 

クリスマス(12月24日 日没~12月25日 日没)

日本で初めてクリスマスが行われたのは、1552年(天分21年)に山口県山口市で布教していた宣教師がカトリック教会で行った「降誕祭のミサ」とされています。

現代の日本では、クリスマスを大切な人と一緒に過ごしたり、お花やプレゼントを贈りあったりする「ハッピーな日」となっています。

お花を贈るタイミングは、当日のデートで行くレストランやホテルの部屋など、サプライズで渡すのがおすすめです。

 

クリスマスに贈るお花の一般的な相場とおすすめのスタイル

  • お花の相場:4,000~10,000円程度
  • お花のスタイル:花束・アレンジメント・鉢植え・リース・スワッグ など

 

クリスマスにおすすめのお花と花言葉の代表例は、次の通りです。

  • 赤いバラ:「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」
  • 白いバラ:「深い尊敬」
  • 濃いピンクのバラ:「気品」「あたたかな心」「感謝」
  • ピンポンマム:「君を愛す」
  • ベゴニア:「愛の告白」
  • ピンクのシクラメン:「憧れ」
  • ポインセチア:「祝福する」「聖夜」「幸運を祈る」「私の心は燃えている」
  • プリンセチア:「思いやり」
  • ホワイトレースフラワー:「感謝」
  • ピンクのガーベラ:「希望」「常に前進」「感謝」
  • センニチコウ:「色あせぬ愛」
  • クリスマスローズ:「慰め」「私を忘れないで」 など

 


✽*デザイン性の高い「花束」や「ブーケ」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*ハイセンスな「プリザーブドフラワー」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*インテリアとして人気の「観葉植物」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*高品質な「ミディ胡蝶蘭」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*「パワーストーン」と「クリスタル」を組み合わせたかわいいデザインのアクセサリーこちらをご覧ください。

✽*「あこや真珠」と「パワーストーン」を使ったワンランク上のアクセサリーこちらをご覧ください。

✽*小さなストーンを使ったさりげない感じがかわいい「パワーストーン」のアクセサリーこちらをご覧ください。

✽*男性におすすめの「パワーストーン」を使ったブレスレットこちらをご覧ください。

✽*お花と一緒に贈る「ネックレス」や「ピアス」をお探しの方はこちらをご覧ください。


 

いい夫婦の日(11月22日)

いい夫婦の日は、11月22日(11=いい・22=ふうふ)という語呂合わせで作られた記念日です。

1998年に設立された「いい夫婦の日」を進める会が、日本中の夫婦に「すてきな関係を築いてほしい」という想いから、この日を「いい夫婦の日」としました。

 

いい夫婦の日に贈るお花の一般的な相場とおすすめのスタイル

  • お花の相場:3,000~10,000円程度
  • お花のスタイル:花束・アレンジメント・胡蝶蘭・鉢植え など

 

いい夫婦の日におすすめのお花と花言葉の代表例は、次の通りです。

  • カスミソウ:「幸福」
  • 赤いバラ:「あなたを愛してます」「愛情」「美」「情熱」「熱烈な恋」「美貌」
  • センニチコウ:「変わらない愛情を永遠に」
  • ピンクのカーネーション:「感謝」
  • 赤いカーネーション:「深い愛」
  • ピンクのガーベラ:「感謝」
  • スターチス:「変わらぬ心」
  • ユリ:「純潔、威厳」
  • カランコエ:「たくさんの小さな思い出」「あなたを守る」
  • ブーゲンビリア:「あなたは魅力的に満ちている」 など

 


✽*デザイン性の高い「花束」や「ブーケ」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*ハイセンスな「プリザーブドフラワー」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*インテリアとして人気の「観葉植物」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*高品質な「ミディ胡蝶蘭」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*華やかで豪華なバラの花束をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*華やかな「アレンジメント」をお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*さまざまなシーンで喜ばれる高品質な「胡蝶蘭」を贈りたい方はこちらをご覧ください。

✽*「パワーストーン」や「誕生石」のアクセサリーをお探しの方はこちらをご覧ください。

✽*お花と一緒に贈る「ネックレス」や「ピアス」をお探しの方はこちらをご覧ください。


 

ミモザの日(3月8日)

ミモザの日とは、毎年3月8日の国際女性デーに男性から女性に日頃の感謝の気持ちを込めて「ミモザ」を贈る日です。

母親や祖父母、奥さん、会社の同僚、友達など、自分の大切な人やお世話になっている人に贈ります。

 

ミモザの花言葉

  • ミモザ:「感謝」「真実の愛」「ひそかな愛」「優雅」
  • 白いミモザ:「頼られる人」「死に勝る愛情」
  • オレンジのミモザ:「エレガント」

 

スズランデー(5月1日)

スズランデーは、毎年5月1日に愛する人や大切な人、お世話になっている人にスズランを贈る日です。

もともと5月1日は愛の日とされ、草花で作られた花冠を贈る風習がありました。

1561年、フランスの王アンリ3世の兄シャルル9世が、5月1日に「幸福の花」と呼ばれるスズランを贈られ感動したそうです。

そして、宮廷の女性にも幸せを分けてあげたのがきっかけで、スズランを贈る風習が生まれたといわれています。

その後、庶民の間でも5月1日に普段の感謝の気持ちを込めて、愛する人や大切な人にスズランを贈るようになったのです。

 

スズランの花言葉

  • スズラン:「再び幸せが訪れる」「優しさ」「愛らしさ」「謙虚」「純粋」

 

大切な人との記念日にお花を贈ろう!

今回は、それぞれの記念日におすすめのお花や花言葉、贈る際の注意点と相場をご紹介しました。

大切な人に普段伝えられていない想いを言葉にするのは、恥ずかしい気持ちがあり表現しにくいですよね。

しかし、お花に気持ちを込めてプレゼントすれば、相手に気持ちを伝えやすくなるかもしれません。

お花はその場を華やかにしてくれるので、すてきな思い出として心に残ります。

大切な人との記念日にお花を贈り、特別な時間を過ごしましょう!

 


✽*バラについて詳しく知りたい方はこちらの記事をご覧ください。

✽*胡蝶蘭についてもっと知りたい方はこちらの記事をご覧ください。


 

makana mai sophの最新情報をチェック!